PDF形式の資料を閲覧・印刷するにはアクロバットリーダー(無償)が必要です。
広報事業
 機関誌『日中医学』を定期的に発行し、日中間の医学・医療分野における交流に役立つ情報の提供を行っています。また、ホームページでは、協会の各種事業について詳しく紹介するとともに、ブログで協会の活動を紹介しています。

機関誌『日中医学』の発行
 1986年に創刊し、年4回発行しています。
 日本と中国の医学、歯学、薬学、看護、介護等の医学・医療分野における現状と課題を毎号の特集テーマとして両国の専門家からの寄稿を掲載する他、在日中国人研究者の紹介(インタビュー)や、中国で活躍する日中笹川医学奨学金制度研修生の紹介、当協会役員・会員からの寄稿文等を掲載し、当協会個人会員・法人会員、日中双方の医歯薬看護大学図書館、日中の医学・医療関連機関・団体に無償で配布して、日中の医療従事者・研究者間の交流促進に寄与しています。
 VOL.26(2011年度)より、特集記事を日本語と中国語で併載しています。
 VOL.28 NO.3(2013年12月発行)からは、特集記事に英文の抄録を掲載するとともに、VOL.30(2015年度)からは、特集テーマに関する「研究報告」の一般投稿を受付け、学術的な内容をさらに充実させ、交流誌としての側面を残して「学術誌」への転換を目指しています。

 

広告の掲載も常時受け付けております。広告に関してのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

TEL:03-5829-9123 E-MAIL:henshu@jpcnma.or.jp(広報・編集担当)


International Chinese Journal of Dentistryへの協力
 2002年、中国の歯科医学研究者が主体となって、アジアから全世界へ歯科医学研究情報を発信する目的で、『International Chinese Journal of Dentistry』が創刊されました。発行は年4回。本協会は創刊から支援団体(Sponsoring Organization)となり、歯科医学分野の日中共同研究成果の発表の場として利用を呼びかけています。
 
このページの先頭へ