Warning: Missing argument 1 for get_pagelink_by_slug(), called in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/7/3/sd0131973/jpcnma.or.jp/wp-content/themes/jpcnma/header.php on line 111 and defined in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/7/3/sd0131973/jpcnma.or.jp/wp-content/themes/jpcnma/admin/functions-theme-basic.php on line 98

日中医学協会ブログ

陝西・山西・甘粛地区分会支部学術交流会に参加しました

2018/11/13

陝西・山西・甘粛地区分会支部学術交流会に参加しました

 笹川医学奨学金進修生同学会(笹川同学会)は、事業の一環として、中国全国に6箇所ある支部においてそれぞれ毎年学術交流会を開催し、笹川同学会会員同士の交流を図ると共に、各支部における医療に関する様々な課題について情報共有を行っています。

113日㈯に陝西省西安市で開催された陝西・山西・甘粛地区分会学術交流会に参加しましたので報告します。本学術交流会の世話人は、李国棟西安交通大学外国語学院日語系副教授(同学会常務理事16期生 写真前列中央)で、会議には3省から17名の笹川生(10期から最近の39期まで)が集まりました。

会議冒頭で李国棟世話人の挨拶、メンバー紹介、来賓として参加した日中医学協会本田事務局長から支部交流会の開催意義と期待についてのメッセージがありました。引き続き、今回の学術テーマである「医師兼業と基層医院への技術指導に関する現状と課題」に沿って3名の演者による発表と質疑、その後出席メンバー全員による討論が行われました。

 演題では、基層病院の看護の管理と技術の向上を目的とした三級甲病院からの指導に関する話題、子宮頸がんに関連して基層病院で不足している病理診断(細胞診)の支援に関する提案、中国医師が米国で医師として働くための養成プロセスに関する話題でした。

               

                                     

討論では一人ひとり意見を述べ、それに対して熱心な議論が起こり、活発な意見交換が行われました。締め括りに中国同学会の李忠金事務局長からの出席者に向けた、2021年の笹川同学会設立30周年記念事業(北京・人民大会堂、1千人規模の集会)計画のアナウンス、中国国家衛生健康委員会との信頼関係やパイプが太くなったことなどが紹介され、会員の充実した活動があるからこそこの様なことが可能となってきたとの激励の言葉があり、会議は和やかに終了しました。本会開催にあたって裏方としてサポート下さった西安交通大学外国語学院日語系修士学生の皆さん、ありがとうございました。