Warning: Missing argument 1 for get_pagelink_by_slug(), called in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/7/3/sd0131973/jpcnma.or.jp/wp-content/themes/jpcnma/header.php on line 111 and defined in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/7/3/sd0131973/jpcnma.or.jp/wp-content/themes/jpcnma/admin/functions-theme-basic.php on line 98

日中医学協会ブログ

日中笹川医学奨学金制度第43期生<学位取得コース>の日本語研修が開講しました

2020/11/18

日中笹川医学奨学金制度第43期生<学位取得コース>の日本語研修が開講しました

 10月17日に、日中笹川医学奨学金制度第43期〈学位取得コース〉研究者の選抜試験が行われ、多数の応募者の中から10名が選ばれました(以下に名簿掲載)。

 〈学位取得コース〉では、合格者のうち日本語未修者は、来日前に、本奨学金制度OB会である笹川同学会主催の日本語研修を受講することになっており、43期生は8名が、遼寧省瀋陽市の中国医科大学内にある中国国家衛生健康委員会(中国保健省)中国医科大学外国語研修センターで、日本語研修を受講することになりました。

 11月15日に行われた開講式では、笹川同学会の趙群理事長(写真:前列中央右側)、中国医科大学公共基礎学院の沙憲政院長(前列中央左側)、外国語研修センター責任者の孫賀一先生(前列左端)から激励の言葉を頂いた後、笹川同学会の李忠金秘書長(前列左から2番目)と許順副秘書長(前列右から2番目)から、本奨学金制度の成り立ちや奨学生OBの活躍(院士、学長、病院長、教授等に就任し中国医学界を牽引)、笹川同学会の様々な活動(当協会のブログで紹介)についてのレクチャーを受けました。
 新笹川生たちは皆一様に、笹川生の一員になれたことを嬉しく思うと同時に身が引き締まる思いでいる、
先輩たちを目標に頑張りたい、と抱負を述べていました。

 新笹川生たちはここで約2か月間、寝食を共にしながら、日本語の基礎と日本の文化について学びます。
ここで育んだ友情は、先輩笹川生もそうであるように、生涯の宝物となることでしょう。

 新笹川生の皆さん、来年4月に日本で開催する皆さんの歓迎式典でお会いできることを楽しみにしています。

 

【日中笹川医学奨学金制度第43期<学位取得コース>研究者(10名)】

氏 名 受け入れ機関
範 彬 北海道大学大学院医学研究院・医学院 病理学講座 腫瘍病理学
趙 雪 千葉大学大学院医学研究院 泌尿器科学
姚 利 千葉大学大学院看護学研究科・看護学部
張 茂芮 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学講座 摂食機能保存学分野
江 傑 日本医科大学 解析人体病理学
王 晴 順天堂大学医学部 消化器外科講座 上部消化管外科学(食道・胃外科)
張 瑛 横浜市立大学医学部医学科 消化器内科学
葉 盛 奈良県立医科大学 輸血部
王 喩 京都大学大学院医学研究科 免疫ゲノム医学
孔 徳川 熊本大学 ヒトレトロウイルス学共同研究センター